LOUIS VUITTONのバッグはどんなものが高価買取されやすい?

LOUIS VUITTONは誰もが知るフランスの高級ブランドバッグの代名詞で、明治時代の日本の歴史上の人物も顧客として愛用していたブランドのバッグです。そんな伝統あるハイブランド、LOUIS VUITTONの製品であっても高価買取されやすいLOUIS VUITTONのバッグとそうでないバッグが存在します。

実際に高価買取されやすいバッグは何なのか、またLOUIS VUITTONの高価買取されやすいモデルのうち、特にどんなものが高価買取されやすいのかにも触れながらお話ししていきます。

高価買取されやすいバッグ

LOUIS VUITTONの高価買取されやすいバッグは何と言ってもモノグラムです。LOUIS VUITTONのエンブレムが散りばめられたこれぞLOUIS VUITTONと言ったデザインのバッグで人気も高く、需要も旺盛なため自然と買取価格も上昇する傾向があります。

流行に左右されにくい堅実なデザインであることから、持っていても流行に遅れた感じを与えないというメリットもあるので、多少古いモデルのモノグラムであっても同年代の他のブランドや同じLOUIS VUITTONのバッグであってもダミエ以外ではつかないような高価買取額が提示されることも珍しくありません。

高価買取されやすいモノグラムはどんなモデルが特に期待できる?

モノグラムと言っても様々なモデルがあり、時代に応じて多少の流行があります。確かに比較的安定したモデルではあるのですが、その中でも最近はモノグラム ネヴァーフルとモノグラム イエナの人気が高く、高価買取されやすいモノグラムの中でも特に高価買取が期待できるモデルとなっています。

もちろん人気モデルであっても汚れたままであったり、雑に扱って美観を損ねたもの、使用感の強いものに関しては、例外的に高価買取が期待できないものもありますから、日ごろから手入れをしたり、査定時にはなるべくきれいにした状態で持っていくことがおすすめです。

まとめ

LOUIS VUITTONは基本的にLOUIS VUITTONと分かるようなデザインのものが高く買い取られます。その証にモノグラムは非常に高く買い取られるのです。

ただ、流行に流されにくいモノグラムであっても更に流行というものが存在し、買取価格も左右されるので、モノグラムが100%高価買取になるというわけではないことを注意する必要があります。