中古ブランドバックを高く売りたいなら買取のプロが入る店に持ち込むのが正解

ネットの発達により、近年中古のブランドバックを売るための手段は多様化しています。その中でも高価買取を狙うなら、ヤフオクやメルカリといったフリマ市場ではなく、やはり専門家がいるブランド物の買取店に依頼すべきです。2つの根拠からその理由を示します。

適正価格がわからない

中古ブランドバックをフリマ市場で売る場合、まず売り手側がいくら位の価格設定をしていいかわからないという問題があります。買取想定価格を高くしすぎては買い手がつきませんし、かといって低く設定しすぎては損をしてしまいます。

同じブランドで先に市場に出ているものを参考価格にするという手もありますが、保存状態などに差異がありすぎてあまり使える方法ではありません。適正価格を設定できないものはフリマ市場では扱いにくいのです。買取店の専門家は知識と経験があるため、適正価格を正確に見極めることができます。適正価格の設定に四苦八苦するよりも、買取店にまかせてしまう方が楽です。

信用度

今度は買い手の立場になって考えてみましょう。一般的に、フリマ市場の買い手は売り手に対する信用度は低いものです。実物を見れないというデメリットがあり、それにつけ込んで偽物や粗悪品を掴まされる恐れが常に買い手につきまといます。

買い手の信用度の低さは価格に反映されます。ハズレる可能性が高いものに高額な支払いは誰だってしませんからね。売り手にとってみればこの信用度の問題はやっかい。高価な売買の妨げになります。その点、専門家が鑑定してお墨付きを貰った専門店の販売価格は高くなります。

実物が見れ保存状態も把握でき、なにより専門家に対する信用があるため高い価格でも買い手は納得できます。フリマ市場で信用してもらえず低い買取価格しか提示されないよりは、価値のわかる専門店に買い取って貰った方が高く買い取られる可能性は高まりますよ。

ブランドバックは専門店に買い取ってもらおう

適正価格の設定と信用度という2つの課題がフリマ市場にはあります。LOUIS VUITTONやCHANELといった中古ブランドバックを高く売りたいならば、専門店で確かな買取査定を受けるのが一番確実な方法なのです。