なぜ日本人にルイヴィトンが好まれるのか?

ルイヴィトンは1821年にフランスのパリで販売されたブランドであり、約200年ほどの歴史を持つ有名なブランドとして確立されています。現在では様々な方がルイヴィトン を保有しており、大変人気のブランドの1つとして有名ですが、創始者であるルイヴィトンが亡くなってから人気になったと言う事はあまり知られていません。そこで、なぜ日本人はルイヴィトンが好きなのかと言う事についてお話をしていきたいと思います。

デザインが親しみやすい!

日本人は特にこのルイヴィトンのデザインが親しみを持ちやすいと言われています。ルイヴィトンのアイコンにもなっているLとV、花と星が入り混じった「モノグラム」や「ダミエ」といったラインが特徴的であり、このデザインを求めて多くの方が好んで愛用しているのです。特に日本人には多く好まれ、街中では必ず一度は見かけることと思います。

また創始者のルイヴィトンはもともとトランク職人であり「おしゃれでかつ頑丈なトランクを作ろう!」と言うところからルイヴィトンのバックを作ろうと考えていましたので、頑丈かつ壊れづらいと言うところも好まれる点の1つであります。

老若男女問わず様々な方が使える!

200年と言う歴史があり、これまでに数多くのデザインや有名な企業とのコラボレーション、トレンドとなる新作を発売していることから、数多くの商品がルイヴィトンには存在します。

その中でメンズ、レディースと自分の好みに合った商品を選ぶことができますから、自分に合ったルイヴィトンを選ぶと言うこともとても楽しみの1つとして親しまれています。先程申し上げたモノグラムやダミエと言った有名なラインが存在していますが、その中でも細かくラインが分かれていますので、そのラインを自分に合わせようと考えられることも全世代に好まれる要因です。

様々なブランドが存在していますが、特にルイヴィトンは知らない人はいないと言える位に有名なブランドとなりました。一般の方が愛用しているだけではなく、有名な芸能人も多く利用しています。

周りの方が多く利用していると言うだけでも価値は上がりますので、ルイヴィトンを持っていないと言う方でも1つ保有しておくだけでかなり周りの見え方が違うと思います。自分に合ったルイヴィトンをぜひ購入してみてください。